コンテンツ

横浜風しゃぶしゃぶ鍋ってなんだろ?

ここ横浜で「文明開化の中心的料理」は‥豚料理でした!

やごろう豚しゃぶしゃぶ

当店は「本格地酒ダイニング」として「北は、北海道より~南は、沖縄まで」の食材を創意工夫した手造り料理の居酒屋です!

とくに生産者より直送の鹿児島・プラチナポーク『やごろう豚』と鹿児島『垂水温泉水』を使用した【横浜風・しゃぶしゃぶ鍋】が自慢です。

「横浜風・しゃぶしゃぶ鍋」とは‥ここ関内・太田町が文明開化時に「豚肉料理屋」があり、豚焼き肉や豚鍋が食されていた歴史的にも有名な場所であることと‥
当時の「豚鍋」のように【スープごと食べる鍋料理】のような「しゃぶしゃぶのスタイルを推奨」しているからです。

「スープごと食べる鍋料理のようなしゃぶしゃぶ」が【横浜風しゃぶしゃぶ鍋】と名付けさせていただきました!


これまで横浜では「文明開化」=「牛鍋」だと思われてきましたが‥「文明開化」=「肉食」の間違いです。

幕末最後の将軍『徳川慶喜』が、大の豚肉好きであった事からも【当時の最高の食材】として扱われていた事を計り知ることが出来ます。
特に「薩摩藩の豚肉」や「薩摩藩の豚料理」が、その本流だったことも歴史の至る所で垣間見ることが出来るんだそうです。

『やごろう豚』は、鹿児島大隅町の『大成畜産ブランドポーク』で、飼育管理から飼料や交配に至るまで厳選された素晴らしい豚肉です。
県外でも取り扱い店が少ない「プラチナポーク」を「日本一・水の分子の細かい温泉水」で食せば自然と笑顔がこぼれます!

当店では、気軽で安価に食す【豚鍋】をどこよりも熱い情熱を持って「横浜から発信」してまいります。