ホーム>横浜市関内の居酒屋【甕仙人(かめせんにん)】店主ブログ

横浜市関内の居酒屋【甕仙人(かめせんにん)】店主ブログ

「あまこがね」入荷してます

あまこがね2.jpg

やっぱり芋焼酎は「お湯割り」だよね~

小正醸造㈱は、明治16年(1883年)創業。

代表銘柄は、「メロー小鶴」「さつま小鶴」「蔵の師魂」「眞酒」‥

「喜びを共に創る」という 経営理念のもと焼酎造りに励み「樫樽貯蔵」などの長期熟成焼酎を逸早く手がけた蔵元でもあります。

そんな蔵元渾身の「お湯割り用に特化した芋焼酎」

小正醸造「あまこがね」25度

「あまこがね」なんて品種のサツマイモなんてあったかな?新種の芋でも使用しているのかな?‥などと思いましたが‥

この芋焼酎は、「黄金千貫」と「浜小町 ハマコマチ」の2種類のサツマ芋を使用した新酒をブレンドしたもので、お湯割りにした時に甘さが引き立つような酒質で醸されています。

あまこがね1.jpg

「芋麹 芋 新焼酎」入荷してます

2016新焼酎2.jpg

新焼酎を飲みながら新年をおもう

村尾を有名にしたコセド酒店さんが、国分酒造さんに特別依頼した「新焼酎」が入荷しましたよ!

通常は「黄金千貫」を「芋麹」で醸した100%芋焼酎ですが…

この特別な新焼酎は、次世代の黄金千貫ともよばれる芋「サツママサリ」を使用し、「芋麹」と「I-33酵母」で醸したというのが「こだわりの新焼酎」のようです。

荒濾過のようで「うっすらと白濁」した出来立ての芋焼酎ですよ~

小正酒造さんの「蔵の師魂」さんもラベルをリニューアルし、「蒸留日」「瓶詰め日」などもラベルにプリントする気合の入れようです!

その他にも色々な蔵元さんの新焼酎も続々と入荷してますよ
(^_-)-☆
 

 

 2016新焼酎1.jpg

芋焼酎「一樽厳撰シリーズ」入荷してます

一樽入魂1.jpg

一樽厳撰シリーズの「天文館」「千鶴」入荷!

鹿児島の若き杜氏の「発表会」ともいうべき年に一度の限定発売として‥

鹿児島の宇都酒造「天文館」と、神酒造「千鶴」の一樽厳撰が入荷してきました。

若い杜氏の蔵元が集結して「杜氏の気に入った一樽」のみを選び「とっておきの原酒を25度で瓶詰め」した渾身の酒です。

各蔵のフラッグシップである代表銘柄を一樽厳撰として販売しているところが、この企画の素敵なとこでしょうね!

王道で美味い焼酎たちをぜひ味わってみてください~

(>_<)うまい~

 一樽入魂2.jpg

「ガンコな息子」「モダンな親父」入荷してます

ガンコな息子1.jpg

どちらもガンコ者の杜氏親子なんです!

長崎県壱岐市の「壱岐の島酒造」さんの親子杜氏のケンカ酒!?

どちらが人気で売れるんだろうか?

親父は‥クセがなく飲み飽きのしない現代風「減圧蒸留」の麦焼酎は、晩酌にも、割り飲みにも自由に楽しめる「オヤジ好みの焼酎」と主張!

息子は‥最近流行りの「ガッンと香ばしい」一癖も二癖もあるパワフルな古典的「常圧蒸留」の麦焼酎を造り、全国に名を轟かせたい野心の主張!

どちらがガンコでモダンなのかは、飲んだ貴方が感じてみてください(笑)

ラベルの恵比寿と般若も面白い対比ですね~

 ガンコな息子2.jpg

「いったいさん」入荷してます

いったいさん2.jpg

1:3=米:芋⇒夏向きの飲みやすさ!

歴史ある蔵元「白金酒造」が新たな試みで醸した芋焼酎
「いったいさん」25度

通常の芋焼酎を造る際「米麹」と「芋」の割合が、通常「1:5」の割合でで仕込むんだそうですが…

この芋焼酎は、米麹の割合を増やした「1:3」の割合で仕込む新商品です。

ラベルの漢字も「1:3」をイメージした造語のデザインなんですよ~なかなか素敵ですよね!

柔らかで飲みやすく‥この夏は「ソーダ割り」なんかもイイですよ!

 

いったいさん1.jpg

「相良十代目」入荷してます

相良十代目1.jpg

あれから十代目~これから十代目~

渡辺美里の「10years」‥

あれから10年も~これから10年も~振り向かない 急がない 立ち止まらない‥

青春の思い出が振り返ってくるフレーズ!

 

相良酒造さんの十代目襲名を記念して発売された芋焼酎です。

十代目の誕生日‥1月25日にちなんで発売開始し‥

1.25にちなんで1250本の限定出荷というメモリアル焼酎でもあります。

新たな蔵元の決意を感じる逸品ですよ!

(^ー^)/ 美味いっす1

相良十代目2.jpg

「朝倉 あさくら」入荷してます

朝倉2.jpg

こんな焼酎を飲んだことがない!

福岡県朝倉市の㈱篠崎から発売された究極の長期樫樽貯蔵焼酎

「朝倉 あさくら」40度

この焼酎は、今まで酒税法により表現できなかった「樽出しの美味」をついに商品化することが出来た秀逸な焼酎です!

というのも…樽熟成した原酒の「吸光度」に制限があり、濾過をせざるおえなかったからなんです。

蔵元の飽くなき探求心の末「味覚に影響のない食物繊維」を添加することにより「リキュール扱い」による新境地を開いたんだそうです!

この焼酎は「正にウイスキー」と思わせる不思議な風味をもった新ジャンルです(笑)

 

 朝倉1.jpg

「小鹿 新焼酎」入荷してます

小鹿1.jpg

「下げ札」のみで「新焼酎」をアピール!

毎年晩秋には、各焼酎メーカーが「新焼酎」をブランド化し「季節限定の特別な酒」として一斉に販売されるなか‥

小鹿酒造さんは、あまり特別扱いもせず「下げ札」のみでアピールする程度(笑)

その下げ札を取ってしまえば「いつもと変わらない焼酎」という扱いから想像するに‥鹿児島では昔から新焼酎をあまり有り難がってなかった事を意味しているようです。

そういう意味でも「いつも普通に美味い酒」こそが、鹿児島のダレヤメ(疲れをとる酒という意味)でありつづける「飲み飽きしない銘酒」と言えるでしょう!

(^ー^)/

 

 小鹿2.jpg

「獺祭 焼酎」入荷してます

獺祭焼酎1.jpg

獺祭の酒粕から生まれた焼酎

山口の超有名な旭酒造さんの「獺祭 だっさい」が、ついにやっちゃいましたよ!

『獺祭の酒粕から生まれた焼酎』いわゆる「カストリ」を初リリース!

大吟醸しか造らない自慢の吟醸香を「これでもかぁ~」と凝縮させた粕取り焼酎です。

当店も少量入荷ですので無くなりしだい終了ですよ~

知らなかったでしょ?「ダッサーイ!!」(昭和ですね…)

 獺祭焼酎2.jpg

 

2015年 ヌーボーが入荷?しました!!

2015新焼酎.jpg

2015年の焼酎ヌーボーが続々と入荷中!

御存じだとは思いますが‥ワインバーも営業しているので‥やはり気になるのは「ボジョレーヌーボー」なんですけどね(笑)

今年は、11月19日(第3木曜日の午前0時をもって)に解禁されます「ボジョレー・ヌーボー」は、世界でも「極東で物流の整った」日本が一番に届く場所として人気を博したフランスの季節限定ワインです!

起源は中世のフランスに遡り‥イギリスの「新茶運び帆船レース」から現代の「飛行機での物流」へと受け継がれてきました。

詳しいウンチクは、石川町のワインバーでお話しいたしますヽ(^。^)ノ

 はつがま3.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9
ページ上部へ